ヤマハSR ライディングポジションの迷走

バイク
広告
広告

ライディングポジションは少しチグハグ

現行のヤマハSR400、ライディングポジション的にその下半身は60年代後半、上半身は90年代前半と言えます。なぜなら、ステップ位置はデビュー当時の78年モデルと同じ位置、そしてハンドルはバックステップになったころのハンドルからやや高くなった90年代モデルと同じだからです。ヤマハSR、その歴史は40年を超えるのですが、そのライディングポジションは少しチグハグだと思います。

殿様乗りだったSR

SRの誕生は、1978年なのですが、そのころのバイクというとまだライディングポジションが起きたいわゆる殿様乗りのバイクが普通だった時代です。これは戦後から続くバイクのライディングポジションで、昔の公道を走るバイクには、いくらスポーツという名前が付いていても基本的には公道をバイクにどっかり座って一定の速度で走ることが前提のバイクだったからでしょうか。例えばCB750fourやZ2などのその時代のフラッグシップ的な高性能バイクですらステップはかなりの前寄り、そしてハンドルは大アップ、ワイドハンドルなことからもわかります。その時代はまだ未舗装路が多かったことも関係してくるのかもしれませんね。そしてその伝統を引き継ぐかたち、SRは誕生時から少しクラシックなバイクとして販売されたことからも、ライディングポジションは古典的な殿様乗り、上半身は直立、下半身もほぼ足が90度というステップ、ハンドル位置でした。

SRも時代に逆らえなかった

ところが、80年代に入ってきて、レプリカブームなどスポーティーなバイクが世を旋風しはじめると、SRもその流れに逆らえなかったのか、なぜかいきなり大幅にステップが後退、そして上にあがることになります。つまり下半身の前傾化したわけです。そしてハンドルも大幅に低くスポーティーなポジションに。同じモデルなのに行きなり大幅にスポーツ性を高めたバイクになりました。そしてフロントタイヤは18インチで前輪荷重を高めたのに、なぜかブレーキはドラム化というチグハグな進化、というか退化。もはや意味不明です。時代に翻弄された悲しい運命を感じさせると同時にクラシックバイクとしての誇りを失いたくなかったんでしょうか、、。(ハンドルに関してはその前から低くはなっていたようですが、なぜかその情報があまりネットでは検索出来ない。初期型よりは少し低く現行型よりは少し高いんでしょうか?詳しいかたはぜひ教えていただきたいです)

なぜか下半身だけリラックス化

バブルも終わり、バイクも戦闘的なものばかりよりもゼファーに代表されるような程よく牧歌的なバイクがもてはやされる時代になり、SRも時代の流れかステップ位置をオリジナルの位置に戻しました。しかし、なぜかハンドルはあんまり変わらず、やや高くなった程度。当時のゼファーやCB400SFなどのネイキッドの標準的なハンドルよりもやや高い位のものに。そのポジションは現代まで変わらずです。ステップもゼファーなどの位置と同じくらいならば、それでもいいんですが、ステップは殿様乗りのいわゆる椅子的な位置。なのに上半身は弱前傾。下半身はのんびりと構えてるのに、上半身は少し攻め気味というチグハグさが何か変じゃないですか?下半身が決まった状態で、ハンドルに手を伸ばすとなんか遠いんだよな、というのはそのせいだと思います。

SRのエンジンは案外スポーティー

SRというとよく低回転でトコトコと流すのが気持ちいいバイクという表現がありますが、実際乗ると案外ビュンビュン回るエンジンというがわかります。それもそのはず、フライホイールは軽めですし、車体も軽いのでスロットルレスポンスが鋭く車体もリニアに反応するんですよね。おかげで飛ばしていないと心地よくないというスポーティーなバイクなんですよ。単気筒ということもあり低回転だとギクシャクするんです。そのあたりは同じクラシックな川崎のW650あたりとはまったく違うと思います。あのバイクは極端にフライホイールが重くしてあり、一定の低回転で走るのが実に心地よく決まるバイクです。まぁ実際SRのエンジンはもともXT500というエンデューロバイクのものですから、スポーティーなのは当然です。

スポーツしたいの、ノンビリしたいの?

というわけで、SRにはスポーティーなのかそれとものんびりなのかどっちかハッキリしていない迷走中のバイクだということがわかります。私自身の個人的には意見としては、SRにははっきりのんびり下道を走るのが気持ちいバイクにしてほしい、と考えています。それには初期のようなアップハンドル化、そしてエンジンのフライホイールを大幅に重量アップするなど慣性マスの増加での低回転時のスムーズさアップを願いたい。そして上半身が起きて前輪荷重が減った分、直進安定性を高めるためにフロントタイヤを19インチ化してほしい。出来たらリアブレーキはディスク化、そしてフロントブレーキキャリパーは片押しではなく対抗の4pod化を希望します。SRが現代の平均的なバイクよりも、ブレーキが全然効かないのは正直危険とすら思います。いくらクラシックなバイクでも減速性能までクラシックに保つ必要性は全くないと私は思います。そして何よりスポーティーなモデルは他にもたくさんあるのだから、SRにはもう若くないオジさんが下道を車の流れに乗って走って気持ち良く、そしていつまでも楽に安全に乗れるバイクにしてほしいんです。

メイメイ
メイメイ

ヤマハさん、ぜひともよろしくお願いします。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました