母指球で乗れ←ウソ

motogp
広告
MotoGp tutorial – Gear, brake, ride!

よくバイクは母指球をステップに置いて、ということをいう人がいるのだが(プロライダーでも)、↑の動画見たら全然違うことがわかった。ほとんど土踏まずで乗ってる。というか、むしろシフトやブレーキ操作するためには母指球なんか乗せてる暇がない感じ。フルバンク時につま先擦らないためだけに母指球で乗ってるイメージだな。これはダニーロ・ペトルッチという現在KTMのmotoGPライダーなのだが、ほかにもドビやミラーなども同様だった。

マルケスはバンク中にアウト側の足裏を母指球乗せてることをよく見るけど、あれは例外的だよな。切り返してその後イン側の足になるならそのままで済むとか、そういう理由かも。

いずれにせよ、母指球じゃないとバイクを操れない、なんていうのはとんでもない理論であることのようだ。だってトップカテゴリーであるmotoGPのライダーですらほぼ土踏まずをステップに乗せているのだから。

自分的には普段は土踏まずで、高速巡航時に何も操作する必要がないときは、母指球のせて、使う筋肉変化させ脚を休めてもいいと思う。長距離走行で長時間同じ姿勢だと脚が疲れてくることはあるので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました