バイクのセンターに乗る SR400の乗り方

SR400
広告

昨日SR400のステップ位置のことを考えていたら、ふとXT500の写真を見たくなってネット検索。

そうすると、XT500はSRより少しシートが前側にあることに気づいた。シートの前端がSRよりもほんの少し前にある。

XT500でダートを走るとなると、きっとタンクの前端よりすこし後に座るくらいだから、XT500と同じエンジンを持つSRでも同じくらいの位置に座るとバイクのセンターに乗れることになる。

つまりSRのバイクのセンターに乗ろうとすると、かなり前よりに座ることになる。XT500が拳一つ大のスペースを、シート前端に残して座るとすれば、SR400は拳一つ小のスペースをシート前端に残して座るくらいに前よりでやっとバイクのセンターに乗ることになる。

バイクには後に乗れば乗るほど偉いという考えがあって(たしかに速度上がるほど、シート後ろに座らないと曲がらなくなる)、今までことあるごとにシートの後ろにお尻をずらす動作をしていたが、それは不必要ということ。特に高速道路で100キロ以上だしてコーナリングというわけではなく、下道で60キロ〜70キロの速度で走る場合はバイクのセンター乗りが適切。

ということは後ろに座り直す動作はやめて、お尻を左右にずらすか、後でもほんの少しだけ後ろ、前にずれた分だけ戻すくらいでいいということになる。

今日はそれを試してみた。ステップにも土踏まずを置くやりかたでよかった。バイクがどう滑っても、どこから車や人が出てきても対処できるような状態で乗らないと、自分は安心できないということ。安心できないと身体が緊張して、腰痛になる。

私の場合、ダートを走ることがライディングの基本になっているようだ。滑っても暴れても対処できるように乗るのがベスト。XR250に乗っていたころも、腰痛は出なくて、バイクを手足のように操れていた。ギア付きのバイクで一番乗れていた時期だ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました