Gパンで乗ったらいい感じ

SR400
広告

ハンドル交換したいな、でももう一度乗って、このハンドルでもいいかチェックしとこ

というわけで、今日はGパンでライティングしたのだが、結果的に、ええやん、このハンドルで、ということになった。なぜGパンで乗ると、生地の硬さがいいのか、シートとのフィット感も、ジャージで乗るよりよくて大丈夫だった。シグナスよりもフィット感はよくないのだが、まぁそれはSR400はスムーズとはいえないエンジンだし、シフトフィールも、操作のタイミングがバッチリ合わないと、かなり悪くなりがちなので仕方がない。

加えて、ここが一番大きなポイントなのだが、SR500初期型ハンドル、現在使用中のものでライディングした場合、元からついてたノーマルハンドルと違って拳一本分くらい自然に後ろに座れるのだ。それによって、シートの幅が大きい部分に乗ることができ、より快適な座り心地とフィット感を得られる。加えて前傾姿勢も強いられないし。ノーマルハンドルだと、前に乗ることにより、SRのノーマルシートのフカフカの場所に乗ることになるから、フィット感がかなり悪くなる。加えてその位置でも前傾姿勢を強いられる。やはりSR500初期型ハンドルはいい。ステップ位置とのバランスもよいと思う。現代のネイキッドのスーパースポーツよりのややバックステップ、ローハンドルな仕様と違って、スクーターに近いライディングポジションだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました