最近のバイクによる腰痛について

バイク
広告

広告

ほとんど気にならなくなった腰痛

結論からいうと、最近はどうやら乗り方を掴めてきたようで、、ほとんど腰痛は気にならなくなっている。

シグナスとSRに交互に乗ってみて学んだこと

バイクは前傾しているから腰が痛くなるんだ、と思っていたのだが、SRを大アップハンドルに変えた後でも腰が痛い、、なぜだろう、、と思って、シグナスに乗ったら、、なんとシグナスでは少し前傾している、、少し前傾しないと乗りづらい、、乗れていない状態になることが判明。これは前輪の荷重が抜けることから来ると思う。そこから考えが変わった。少し前傾することによって、前輪の荷重をすることが出来、その結果前輪の接地感を感じることが出来る。その結果「バイクに乗れている」感が出ているという仕組みがあったのだ。この「乗れてる」感がないと、どうも不安が芽生えてきて腰痛になる、私の場合は。

無駄に動きすぎない

以前は、バイクのスロットルを開ける前に身体を前に倒したりだとか、バンクさせる前に身体を横に倒したりをしていた。そのことによって、バイクの前輪後輪に対する荷重が抜けることにより、「乗れている感」を喪失していた。だから、信号の度、カーブの度に座り直してリセットして、そこから「乗れている感」を取り戻す作業をしていた。今回、「乗れている感」をバイクに跨った時点で獲得し、そこから余計に動かずに「乗れている感」をキープするライディングをするようにした。風やスピードで多少は前傾したり、着座位置を動かしたりはするが、基本的にはあまり動かない乗り方をしている。

バイキチ
バイキチ

前輪荷重のために前傾したとき、胸骨が寝ている状態の猫背だと視線が下がって公道では危険。胸骨起こしと視線アップは忘れずに!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました