胸骨を立てて、視線を上げる

ライディングテクニック
広告

バイクって前傾姿勢になるから、体調によって猫背になると視線が下がって、周りの状況読みづらくなって、事故ということになる。また、腰にも負担が増えるから腰痛となりいいことがない。基本的に現代人は、パソコン作業などが多いし胸骨が下を向いた状態になりやすい。

前傾姿勢をとった分、視線が下になるので、首の後ろを縮めて前を見るという方法もあるが、それだと首に負担掛かるし、なにより後輪から体重が抜けるへっぴり腰になりやすい。顎を引くほどでもないけども、視線を上げるために胸骨を立てたほうがいい。と思う。

タイトルの画像は、胸骨が寝ている状態だと思う。これだと視線が下がって公道だと危険だよね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました