SR400のウィークポイント3つ

バイク
広告

タコメーターケーブル

ミッションのトーションスプリング

エンジンの圧縮抜けによる、エンジン始動不良

以上3点になります。

タコメーターケーブルは4万キロで2回切れました。今時古い、ケーブル式のために切れやすいそうです。さっさと電気式に変えろよって話。別にテイストに関係ないところやし。ミッションのトーションスプリング、これも2回目の不良。1度目は2万キロくらい。症状としては、チェンジペダルが搔き上げたままになって、戻らなくなる。エンジンの圧縮抜けは3万キロから。なんで気づいたからというと、冬場に気温一桁前半台になると、チョーク二段引いても、何回キックしてもかからない。50回くらい蹴ると掛かるが、冬場に厚着してるので汗だく。圧縮が抜けるとキック始動が難しくなるようだ。こういう話ってブログでも聞いたことないけど、ショップに聞くとそんなものらしい。対策としてら、しっかり暖気してピストン、シリンダーの磨耗をなるべく少なくすることぐらいだろうな。自分は20分〜25分くらいで行ける距離ばかり乗ってるから4万キロにしては磨耗が多いだろう。

現行モデルは改善されているんだろうか、、、。もしそのままだったら、ヤマハさん、なんとかしてください。もう令和ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました