骨盤を絶妙な位置でキープする

バイク
広告

骨盤の角度は前傾しすぎてもダメ、後傾しすぎてもダメ、どこかちょうどピンポイントでハマる骨盤の位置がある。だいたいはエンジンを掛ける前にまたがって、バイクを脚で動かすときにそうなっていることが多い。その骨盤の角度を発進、加速、減速、カーブでずれないように調整する。バイクの動きに先立って身体を動かしてはいけない。あくまでバイクが加減速するアクションとシンクロするように身体を微調整して、骨盤の動きを調整する必要がある。自分はバイクに先んじて身体をリアクションしてしまい、バイクから身体が離れてしまうことが多い。だからお尻からの荷重が薄れてしまい、バイクとの一体感が削がれてしまう。

また、骨盤の角度と言ったが、前後方向だけではなく、左右のずれもいけない。あくまでシートにたいして垂直の状態をキープすることが必要。そのために軽いニーグリップ、タンクを挟むことにより骨盤の垂直状態をキープするイメージだ。

この練習のためには、意識してゆっくりバイクの操作をする必要がある。まるでバイクで太極拳をするがごとくである。一つ一つの動作を意識やらずに、無意識で早く動作してしまうと、バイクとのシンクロが出来なくなるからだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました