ニーグリップという言葉に騙されるな!!

バイク
広告

ニーグリップというと、グリップという言葉から握るようなイメージを持ちます。タンクを握るように挟んでしっかりとバイクを掴むようなイメージですね。ですが、これが誤解のもと。タンクというは前後方向に伸びているものなので、減速や加速に対してタンクをいくら挟んだところで前後にずれます

では、ニーグリップというのは何のためにやるのか??それは骨盤をシート座面に対して水平に保つためです。なので、力一杯挟む必要はないし、そんなことしてたら身体を固めてしまってバイクの加減速などに柔軟に対応できなくなります。そうでなく、タンクにモモを添わせるように挟むだけでOKです。そうすることにより、シート上で骨盤が安定して水平を保つことが出来るので、バイクとの一体感が出てきます。一体感が出てくるのでバイクを身体で操る実感を感じることが出来ます。ライディングというのは力づくでやるものではなく、身体を効率よく使ってやるものだと思います。レースレベルでは力づくという場面も出てくるでしょうが、あくまでも基本は効率よくというが基本なはずです。バイクのパーツを正しく使って、効率よくライディングをすることがライディングの楽しみではないでしょうか?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました