ネモケン氏がヘソを引けという理由

未分類
広告

大腰筋というのは、インナーマッスルで、インナーマッスルというは引っ張られた状態で役割を果たす筋肉らしいです。ライダーズクラブ誌のネモケンこと根本健氏がしこたまヘソを引っ込めるように、という理由は、大腰筋を張るためではないでしょうか?

というのも、大腰筋というのは、背骨(腰椎)の鳩尾付近からヘソあたりの部分の前側くっついており、そこから太ももの前側とくっついています。もし、柏秀樹氏のように骨盤を前傾した場合は大腰筋は縮むことになり、インナーマッスルは緩んだ状態になります。バイクに座った状態では脚が立っている時より上にあるので、ただでさえ大腰筋は緩んだ状態になるのに、さらに骨盤を前傾させてしまっては大腰筋はますます緩んでしまいその効果を果たせなくなります。

そもそも座った状態では、大腰筋は縮みますが、縮んだ状態でも引っ張られるという状態には持っていけます。それはヘソから鳩尾あたりの腰椎を後ろに倒すということです。そうすれば、大腰筋の付着部である大腿骨からの距離が離れることにより大腰筋が引っ張られて、テンションがかかります。ネモケン氏がいう、ヘソを後ろにというのは、この大腰筋の伸張性収縮という状態を作り出すためのコツなのではないかと、メイメイは考えました。

みなさまのお考えはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました