フロントを軸に、リヤタイヤを振り回すイメージ 腰痛解消か、、

未分類
広告

オフロードライディングを経験して、目覚めたの乗り方。それがハンドルを持った状態でフロントのハンドルのステムを軸にリヤタイヤを振り回すイメージで乗る乗り方。これだといくらリヤタイヤが滑っても平気なのだ。スクーターだろうが、何だろうが、この乗り方でダートトラックのようなスライド走行が可能だった。その乗り方を身につけて以来、それ以外の乗り方で不安が出てくるようになったくらい。なのにSR400ではこの乗り方を何となくわかっていても横に置いて、姿勢にこだわっていたので腰痛になっていたのかもしれない。ライディングフォームより、まず先にどうバイクを操作したいか、というのが先になるべきで、その後にライディングフォームはついてくると思う。

オフロードでは基本的にリアを常に滑らせて、フロントは滑らせない乗り方が有効だった。オンロードではどんな乗り方でもグリップしているので平気なのだが雨などの路面や一旦ケツが滑るとオフロード状態になり一気に不安感が出てくる。そこでこのオフロードで得た乗り方、フロントだけ一定にし、そこを軸としてリアを振り回すイメージだといくら滑っても安心していられる。

一時motoGPライダーのケーシーストーナーが、リアを滑らせながらフロントを縁石に乗せた状態で高速コーナーを走っていたのが話題となったが、あの状態ではきっとフロントの荷重はほぼ0で、さらにフロントを軸にリアを滑らせるライディングなのではないだろうか。

本日は、頭痛で仕事を早退し変な時間に寝てしまったので片道15分くらいの銭湯にSR400で、フロントハンドルを軸にして、リアタイヤを振り回すイメージで乗ったところほぼ腰痛が起こらなかった。普段シグナスでいつもやっている乗り方をやっとSR400に応用できたような気がする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました