初期型ハンドルで70年代テイストが出た

未分類
広告

ハンドル変更後、約ひと月くらいだろうか。正直まだ慣れなくて、ダサいなと感じる。乗っていても妙に幅広で変な感じ。狭いハンドルのほうが好みだったなぁと今更ながら思ったり。ただ、こうして写真を取ってみると見た目は割とカッコイイかもしれない。そういえば70年代のバイクってこんなハンドルばっかりだったもんな。

しかし、なぜ今はネイキッドバイクのほとんどは低いハンドルになってしまったのだろうか、、。やはり走る速度の平均が上がったのだろうか。一般道の流れはそれほど変わらないとは思うけど、、高速道路は100キロまで出せるようになった。たしかに100キロでアップハンドルは辛いかもしれない。SR買った時に付いてた純正ハンドルは高速でちょうどよかった気がする。110キロくらいで流すにはピタッと一体感が出てね。アップハンドルにしてから高速道路乗ってないけど、不安だなぁ。

あとこのアップハンドルにして、初めて通勤にバイクを使って見たが、、やっぱり幅広なんですり抜けがやりずらい。車のミラーにぶつけないようにそっとやらないと、、。かなり疲れました。70年代のバイクはそこまですり抜け性能は追求されてないだろうなぁ。威風堂々って感じが重要視された時代だし。自分はせっかちなんで、先へ先へ行きたがるのだが、これを機にすり抜けを諦めてみようかな。40過ぎたし、、。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました