イエスキリスト、それはインフルエンサー、炎上、公開処刑のはしり 

日記
広告

ネットではインフルエンサー炎上、公開処刑などが日々行われているが、所詮ネット上であり、実際に火をつけられるわけでもなく、殺されるわけでもないのでたいしたことはない。しかし、約2000年前、ネットもメディアもなかった時代に、キリストという男が、落ちこぼれ、社会の底辺、貧乏人のインフルエンサーになり、そして権力者、金持ち、既存利得者を敵に回した結果、公開処刑された。キリストはリアルに命を張って反逆的て反権力的な過激な発言を公衆の面前で堂々と声高らかに叫び、ネットもない、超アナログ、リアルな3次元の世界を炎上させ、そして公開処刑された。2000年後にもわたって未だに誕生日が祝われる男も他にいまい。しかし、その意味を知る人もまた少ない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました