2019-09

広告
バイク

バイクに先立って動くな。バイクの動きと自分をシンクロさせよ!!

バイクが加速する前に上体を前に倒したり、減速する前に上体を起こしたり、バンクさせる前に上半身を横に倒したりしてはいけない。バイクが加速する瞬間に上体がのけ反らない程度に身体を前に倒して、加速度を相殺し、結果的には上体は一切動かないようにする...
バイク

バイクに垂直に立つため ニーグリップ

ニーグリップで前後のGに耐えようとしてもダメだ。ニーグリップはバイクに垂直に身体を置くための補助具としてタンクを使うために使うべきだ。試しにノートを膝で力一杯挟んでみよう。力一杯挟んだところで、ノートはいとも簡単に前後にズラせるはずだ。バイ...
バイク

骨盤を絶妙な位置でキープする

骨盤の角度は前傾しすぎてもダメ、後傾しすぎてもダメ、どこかちょうどピンポイントでハマる骨盤の位置がある。だいたいはエンジンを掛ける前にまたがって、バイクを脚で動かすときにそうなっていることが多い。その骨盤の角度を発進、加速、減速、カーブでず...
広告
バイク

スロトレのススメ

本日のバイク帰宅、、。また腰痛に。 いくら研究してもダメ、、。どうしよう。 ゆっくり走ることから始めてみた。本当にトロく、十キロとかの速度で走る。初心に返ってスロトレ(スロートレーニング)。下半身でステップワークしてハンドルがそ...
バイク

ニーグリップという言葉に騙されるな!!

ニーグリップというと、グリップという言葉から握るようなイメージを持ちます。タンクを握るように挟んでしっかりとバイクを掴むようなイメージですね。ですが、これが誤解のもと。タンクというは前後方向に伸びているものなので、減速や加速に対してタンクを...
バイク

下半身をキメる

昨日は大腰筋意識して帰宅するも腰痛くなる。 なんでやろう、、、。結局分からず寝て、、 完全に復活はしていないけど、懲りずにまたバイク通勤。 下半身をキメると、シートにお尻がフィットする。ということを発見。ステップに足がピッ...
バイク

ケツとシートのフィット感 

本日のバイク通勤。 ケツのフィット感がない、、。 シートに吸い付く感じがない、、。腰が痛くなりはじめる。 なんでやねん。 んで、背筋の力み度とシートのフィット感は反比例することを発見。背筋の力を脱力すればシートにケツ...
未分類

ほんの少し背中を緩める 背中=サスペンション

yurumu整体さんから拝借させていただきました。背中をほんの少し丸めて緩める。これがないとバイクのライディングでも背中が一本の棒のようになってギャップで接地感がなくなる、というかシートからケツが浮いてしまうんですよね。バイクの上に...
未分類

大腰筋を使うためには〜腹筋背筋一切使わない意識で

前回はヘソを引くということをお伝えしましたが、私自身今の所ヘソを引くということを意識していません。というのも、ヘソをわざわざ引こうとして腹筋を意識してしまうと、腰痛が発生するからです。それよりも腹筋に力が入ってしまっているのを感じたら、それ...
未分類

ネモケン氏がヘソを引けという理由

大腰筋というのは、インナーマッスルで、インナーマッスルというは引っ張られた状態で役割を果たす筋肉らしいです。ライダーズクラブ誌のネモケンこと根本健氏がしこたまヘソを引っ込めるように、という理由は、大腰筋を張るためではないでしょうか? ...
広告
タイトルとURLをコピーしました